忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2017/08/20(日)

AIというキーワードが新聞雑誌を賑わせて出してから3年くらいだろうか。
もっとも、今のAIは囲碁や将棋には勝ったり、絵に彩色をしたりという「作業」はできても、コミュニケーションや芸術といった分野にどう出て行けばいいのか、まだ手がかりもない状況だ。

しかし、いつの日か人間と同じように考え、悩み、行動するAIが出現し、人間とともに暮らすようになったらどうなるのか。
幸福とは何か。愛とは何か。
生き甲斐とは、人生とは、友とは、親とは、悪とは、善とは、・・・。
人間と同じような心と、機械の体を持つAIは、人間が抱えてきたこれらの問いを、やはり抱くのだろうか。
そして、それをどう解決するのだろうか。

「AIの遺電子」は、SFにありがちな人間対AIといった図式は用いない。
舞台は、AIと人間が共存し、当たり前に互いにコミュニケーションし受容しあうという世界だ。
映画「ターミネーター」の世界ではなく、かつて大人気だったペット型ロボット「AIBO」の延長上にある世界。

その世界の中で、人間の亜種としてのAI、「ヒューマノイド」が人間と同じように悩む姿を描く。
その悩みは一見ヒューマノイドの悩みだが、人間の悩みに容易に翻訳可能な内容で、道具立てはAIではあるが、内容的にはヒューマンドラマになっている。
主人公はヒューマノイドの故障(主に頭脳の)を扱う「医師」だが、ストーリーはむしろさまざまな「患者」のほうが主役となる一話完結で、星新一のショートショートを思わせるような起承転結がある。

舞台設定を興味深くしているのは、ヒューマノイドのほかに、あくまで召使(スマートな奴隷)としての役割を持つ「産業AI」(いわゆるロボット)が登場する点で、人間やヒューマノイドの「人間らしさ」を際立たせている。

技術者にも(むしろ技術者にこそ)お勧めの作品だと思う。

PR
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/04/03(月)


終わってしまった。
う~ん、ずっと応援していた作品としては、やや残念な終わり方。

この最終巻、後半は番外編みたいな印象だ。
ちょっとTV版エヴァンゲリオンのラストを思い出した。

だが、この作品は途中までメチャクチャ面白かった。
作者の花沢健吾さんには、充電して次の作品に取り組んでほしい。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/03/19(日)

中学校の合唱部を舞台にした映画。
Amazonプライムビデオで無料視聴。

音楽×部活動の映画というと「スウィングガールズ」が面白かったが、この「くちびるに歌を」も中学生たちがとても中学生らしくて良い。

新垣結衣はさすがの貫禄。
自分がガッキーの役どころについてもともと持っていたイメージは、この映画みたいな感じだった。
「逃げ恥」で崩壊したけれど。。。
そういう意味ではこの人の表現力は本当にすごい。



  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/03/13(月)

ついに最終巻、番外編もあり。

8巻まではテレビドラマを観る前に読んで、逆にこの9巻だけはドラマを観てから読むことになったわけだが、ドラマを観ていても、これはおすすめ。

ドラマの最終回は、時間が足りなかったのか、若干駆け足気味だったところがある。
特に、百合と"ポジモン"五十嵐安奈のやりとりとか、ドラマでは若干もやっとしたのだが、コミック版ではきっちり伝わってくる。

コミックでは百合のモノローグ(心の声)を遠慮なく使えるのが大きい。
ドラマでは、たぶん作りの都合上、みくりと平匡以外の登場人物にはモノローグを用いないという縛りがあったのだと思うが、それもあって脇役である百合の心情までは表現しづらかったのだろう。

番外編は百合と風見くんの物語。
これもいい。

映像化は無理だけど。

無理だけど、石田ゆり子さんがこれを演じたら萌え死確実。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2016/12/31(土)

今年の最大のヒット作。ということで読んだ。
いやあ、確かに面白い。
連載のほうは先日完結したそうなので、最終巻が待ち遠しい。
現在Kindleストアでは、第1巻は無料、第2巻~第8巻は各432円で40%ポイント還元中だ。



逃げるは恥だが役に立つ 海野つなみ

海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」インタビュー (1/5) - コミックナタリー Power Push

ドラマも観た。
もう新垣結衣と星野源の魅力に全部持っていかれた感じ。
コミックと同じ台詞が、この二人が口にすると破壊力が半端ない。
コミックのほうはいろいろ考えさせられる面もあったが、ドラマのほうはこの2人の演技を見ているだけで楽しい。
こちらはDVDが3月に発売予定だそうだが、この値段は・・・

ガッキーのファンなら買うのかな。



なお、この作品のストーリーの背骨の部分については、こちらの評論が秀逸だ。

星野源は「子犬の目をした脅迫者」? 『逃げ恥』が描いた、普通の人々の「普通じゃない」美しさ - 日刊サイゾー
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ