Music Gadget Lab

2017/04/30(日)

nova liteでの音楽再生用に「pulsar+」というアプリを入れてみた。
nova liteにはGoogleの「Play Music」、Huaweiの「音楽」の2つの音楽再生アプリがデフォルトで入っているが、どちらも使い勝手がいまひとつ気に入らなかった。
pulsarはアルバムアートの表示などがスムーズだし、全体的に使いやすくできている。
これでヘッドホンで音楽を聴いていて気づいたのだが、低音がブーストされた感じで再生されている。
pulsarにはpro版があってイコライザが使えるが、フリー版にはイコライザ機能はない。
フリー版はデフォルトで低音がブーストされるのかと思ったが、そうではなくて、nova lite自体がデフォルトではヘッドホン再生時は低音がブーストされるようだ。

これは「Huawei SWS(super wide sound)」という機能で、人によっては迫力が出たと喜ぶところかもしれないが、個人的には音のバランスが崩れて好きではない。
この機能をオフにするには、Huaweiの「音楽」アプリでヘッドホン再生時に画面左上にあるSWSアイコンをタップする。

アイコンが青のときはSWSオン、白のときはオフになっている。
これをオフにすると、他の音楽再生アプリでもSWSが使われなくなる。
(または、「設定」アプリから「音」→「ヘッドセットSWS効果」)

ちなみにヘッドホンは未だにPhilips SHE9700を使っている。
結局自分の耳にはPhilips製品がどうも一番フィットするようだ。
今はAmazon限定モデルがめちゃくちゃ安くなっていてオススメ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィリップス TX2BK(ブラック) 密閉型インナーイヤーヘッドホン
価格:5253円(税込、送料別) (2017/4/30時点)


  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/04/29(土)

先日購入したnova liteだが、2ちゃんねるを見ていたらアプリのAdobe Photoshop Lightroomを使うとRAWデータで撮影ができると知ったので、試してみた。
Lightroomを起動して、画面右下のカメラアイコンでRAW撮影ができる。
または、Lightroomのガジェットとしてカメラをホーム画面に登録することもできる。

RAWデータはdng形式で、ファイルサイズは22MBくらいになる。
ただ、これで生成されるDNGファイルは問題があって、青(B)と赤(R)が入れ替わっている。
そのため、そのままだと下のように色がおかしな写真になってしまう。
画像ビューワのIrfanviewには、画像のRGBを入れ替える機能(メニューのImage→Swap Colors)があり、これで「RGB->BGR」を選択すれば、画像の内容を正しく確認することはできる。

ただ、Irfanviewはいわゆる現像ソフトではないので、表示しかできない。
RGBを入れ替えたものをTIFF形式などで書き出せば、他の現像ソフトで読み込めるようになる。

DNGファイル自体については、原因はLightroomにあるのかnova liteにあるのか分からないが、とりあえずファイル中のメタデータをバイナリエディタなどで修正すると正しく現像できるようになる。
(たまに、正常な色で撮影されることもあり、理由は不明だ。正しく撮影されたものも、色がおかしいものも、以下で説明するメタデータの値は同じになっている。)

修正箇所は、「CFA(color filter array) Pattern」というタグで、ここにはピクセルのRGBの並びが記述されている。
データ形式としては

・タグ(828E)
・パターンの縦サイズ=1(16bit)
・パターンの横サイズ = 4(16bit)
・固定値? 0(16bit)
・パターン内のRGBの並び(B=0, G=1, R=2)

になっているようだ。

バイナリエディタなどで「8E 82 01 00 04 00 00 00 02 01 01 00」というデータを検索し(現在はファイルの先頭から0x106バイト目)、最後のところが「02 01 01 00」となっているのを、「00 01 01 02」に変更すれば、「RGGB」だったピクセルが「BGGR」と解釈されるようになる。

編集前:
編集後:
これで色が正しく表示されるようになる。
この撮影は、夜間だったのでかなり暗く、ISOは1294だ。
RAWの状態だとかなりノイズが出ている。
比較のため、nova liteのカメラアプリ(ISO 1000)で撮影したものと、等倍の画像を載せておく。

RAW:
カメラアプリ:
RAWをPC上のLightroomで現像時にちょっとノイズリダクションや明るさ補正してみたのが以下。
nova liteの内蔵カメラアプリは結構優秀なようで、この程度だったら最初からカメラアプリで撮影するほうが良いかも。
ただ、逆光のシーンや明暗差が激しくて露出を下げたデータの補正をするときなどは、やはりRAWでの撮影データが力を発揮するので、そういうシーンではRAW撮影はお勧めだ。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/04/23(日)

ファーウェイのSIMフリースマホ「nova lite」を買ってみた。
OCNモバイルONEのセールで、SIM付き税込18,144円。
ケースは2ちゃんねるのスレッドなどを見て割合評判のよさそうな「spigen RUGGED ARMOR」に。
このnova lite、最初は子供用に、と考えていたが、自分が今使っているXperia Z1fの白ROMそろそろ買い替え時だと思っていたので、この機会に一緒に購入することにした。

Huaweiは中国メーカーだが、「Huawei P9」は昨年のスマホの台風の目になったと聞いていたので、ちょっと関心があった。

いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……? (1/4) - ITmedia Mobile

もともと、nova liteはP9の兄弟機(スペックはほぼ同じ)の「honor8」のLite版として開発されたらしい。
P9のライト版で「P9 Lite」というのがあるが、Nova LiteはP9 Liteよりもスペックは少し上だ。

レビューはすでにいろいろなところで上がっているので付け加えることはない。
CPUベンチマークはXperia Z1fよりも高く、特に不満は感じない。


感心したのは、やはりカメラ。
EXIFから読み取れるメインカメラの主なスペックは以下のとおり。

ImageWidth - 3968
ImageLength - 2976
FNumber - 2.20
ISOSpeedRatings - 50
FocalLength - 3.83 mm
FocalLengthIn35mmFilm - 26 mm

つまり、1200万画素、F2.2、センサーサイズは大体1/2.7型(26 / (3.83 * 2.54))となる。
Sony IMX386、1/2.9インチらしい。

下の例は、全体、中央の等倍、右上隅の等倍だ。


画像処理はかけまくりと感じられるが、色味は自然だ。
中央は細かいところまで解像しているし、周辺部分も若干解像度は下がっているが流れるようなことはない。
画像処理系も良いが、意外に光学系がよくできていると思われる。
完全にコンデジが不要になるレベルで、価格まで考えたら太刀打ちできない。
強いて言えば上記のように最低ISOが50からなので暗所に弱そうという程度。


あと、Xperiaにあってnova liteに無いのはワンセグやNFCリーダーだが、これはまあ使用頻度は低いので重要ではない。
むしろ、指紋リーダーが使いやすくてはまった。


MVNOプロバイダは、これまで使っていたOCNモバイルONE。
ただ、同時に光回線に加入すると割引キャンペーンが適用されるということもあり、これまで加入していた

・フレッツADSL
・OCNプロバイダ契約
・OCNモバイルONE(データ+SMS)

から

・OCN光
・OCNモバイルONE(音声SIM、追加でデータSIM+SMS)

に乗り換えることにした。
我が家の場合、マンションなのでADSLと光回線の価格差は既にほぼ無くなっている。
(むしろ僅かに光のほうが安くなる。)

モバイルONEは、既契約に音声SIMを追加することもできるが、音声SIMの新規加入だと割引サービスがあるので、いったん解約して音声SIMを加入して、それにデータSIMを追加することにした。

音声SIMの場合は、スマホには申し込み用のアクティベーションコードのみが添付され、それを使ってオンラインで申し込む必要がある。
この際、免許証などの身分証の写しが必要になる。
やはり犯罪対策などで、音声通話ができるサービスについては身元確認は必要ということなのだろう。
今回は、金曜午前中にオンラインで申し込んだところ、データSIMカードのほうは土曜夜に発送、日曜朝に到着した。
音声SIMのほうは日曜に申し込み済みのステータスになり、発送待ち。

ちなみに、SIMをセットするときに必要な「SIM取り出しピン」は、以下の写真のように箱の側面についている。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [02/11 ]
名無しの [02/11 ]
勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ