忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2018/04/15(日)

去年購入したLumix GM1は小さくて写りも良くて重宝している。
レンズはE-PL2のキットレンズの17mm/F2.8を使っているが、もう少し軽くて静かなレンズがほしい、ということでずっと14mmを検討の俎上に上げていた。

14mmという画角はブツ撮りにはやや広角すぎるのが躊躇していた理由だが、単焦点としては最軽量の55gは魅力的。
先日、オークションでほとんど未使用のDMC-GF2レンズキットを発見し、つい入手してしまった。

そんな事情で、14mmレンズのおまけのような形で入手してしまったDMC-GF2だが、これはE-PL2と同じ頃(2010年末発売)の製品で、1200万画素だが動画はAVCHD形式のFHDが撮影できる点はPL2に優っている。
逆にそれ以外は特にポイントは無いのだが、一つだけ今でもメリットがありそうな点として、GF2はファームウェアをハックすると動画のビットレートを上げたり連続撮影時間を延ばしたりすることができるらしい。
14mmはGM1と組み合わせることにして、GF2には17mm F2.8を組み合わせてみたところ、バランス的には非常に良い。
GF2はボディ内手振れ補正がないので、その点は注意が必要だが、これはこれでアリのような気がする。
ただ、動画をメインとするなら静かなズームレンズが望ましいだろう。
14mmのほうだが、期待通り軽くて小さいし、合焦も割合早く、モーター音もしないのがこれまで使っていた17mmと比べるととても良い。
ただ、あまり寄れないのがちょっと残念だ。
17mmは結構寄れたのだが、この14mmは目いっぱい(マニュアルフォーカスで)寄ってもここまで。
これはちょっとブツ撮りとか料理ブログとかには厳しいのではないかという気がする。

ところが、価格コムを見ていたら、このレンズにマルミのクローズアップレンズ+2を組み合わせると、よい感じに寄れて、かつ無限遠までピントが合う、という書き込みを発見。
このクローズアップは1000円もしないので、早速入手してみた。

これで試してみたところ、ここまで寄ることができた。
これだけ寄れれば、まあ17mm/F2.8と同等の使い勝手と言える。
これで、かなり死角のない組み合わせとなったので、おそらく今後しばらく、このGM1+14mm+クローズアップレンズがメインのマイクロフォーサーズになりそうだ。

PR
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/11/26(日)

先日購入したGM1だが、持ち出すときどうするかは悩ましいところ。
裸で持ち歩きたい気もするが、傷が付かないように多少は気を使いたい気もする。

Amazonで中国製の安い(675円!)合成皮革のケースを見つけたので購入してみた。
金具とかちょっとレトロな感じで、内側はだいぶ安っぽいが、100円ショップのポーチよりはいい感じだ。

レンズ部分はキットレンズにあわせたサイズになっているようで、見掛けは結構長さがあるようにみえるが、付け外しの際にはそれほど余裕はない。


  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/11/23(木)

LUMIX GM1を購入したところ、そのコンパクトさがすっかり気に入ってしまった。

レンズは手持ちの17mm f2.8を使っているが、これでもGM1には重い気がする。
もっと軽い小さいレンズはないのか?と探してみたが、17mm f2.8だって71gと、かなり軽いほうなのだ。

GM1のキットレンズ12-32mmが70gで並び、さらに軽いのは14mm f2.5で55g。
まともなレンズはこれが最軽量で、それより軽いのがオリンパスのボディキャップレンズだった。

ボディキャップレンズは9mm f8.0と15mm f8.0があり、重量は前者が30g、後者が22g。
写りの評判は圧倒的に前者のほうがよい。
というわけで、オークションで5000円で購入してみた。

これくらい奥行きが小さいと、どうみてもコンパクトカメラである。
ボディキャップレンズとはよく名づけたものだ。
重量バランスは本体の重みしか感じない。
魚眼ぽく歪んでくれるのは人工物。
あと、動画もGoPro風に撮れるので面白いかもしれない。
発色も解像度も悪くない。
最短撮影距離は20cmで、マニュアルフォーカスレバーは無限遠とパンフォーカスにクリックストップがある。
普通はパンフォーカスで使うのだろうが、近景を撮るときはちゃんとフォーカスを合わせるほうが良い。

というわけで、このレンズはなかなか気に入った。
何しろ軽いのが良い。広角すぎるので常用というわけにはいかないが・・・。
このサイズ、軽さで18mmくらいの単焦点があったら、少々暗くても買ってしまうかも。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/11/11(土)

パナのマイクロフォーサーズ「GM1」をオークションで入手した。

GM1は、以前も購入を検討したことがあって、結局G7を買ったのだが、若干未練があって気になっていた。

魅力はやはりその小ささ。
引き換えに撮影時間は犠牲になるのだが、それでもこのサイズは捨てがたい。
このサイズのマイクロフォーサーズはもうパナも後継機を出さないようで、入手するなら中古しかない。

オークションでゆるくウオッチしていたのだが、好みのシルバーモデルで美品があったので手を出した。
キットレンズ無しで19800円だったので、別に割安というわけではないがリーズナブルだった。
キットレンズの12-32mmはたぶん使わないので、必要なかった。

上の写真は、E-PL2のキットレンズだった17mm/F2.8。最近は25mm/F1.8に押されてすっかり出番がなくなっていたので、久しぶりの登場だ。
小さなパンケーキレンズなのだが、ボディが小さいので相対的には大きい。ドーム型フードすら、GM1と一緒だと存在感を主張してしまう。
GM1向けには14mm/F2.5の薄いパンケーキが人気なのもうなづける。
個人的には、換算28mmはGR IV DIGITALとかぶってしまうので躊躇するのだが・・・

ちなみにE-PL2は購入から6年以上経つが、室内ではいまだに便利に使っている。
1200万画素は実用的には十分な画素数だ。
ただ、動画はVGAサイズで、さすがにかなり見劣りする。
この点も、GM1に期待している点だ。




  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2016/03/20(日)

この春はカメラを持ち出すイベントが多いのだが、スーツ着用のものがほとんど。
カメラはDMC-G7なので、それなりにかさばる。

先日買ったカメラジャケットを使って普通のバッグに入れるというのもひとつの方法だが、スーツで持っても大丈夫そうなカメラバッグを見つけたので購入した。
価格は5,090円だった。

これはLowepro「ストリームライン」シリーズの「150」というもので、ショルダー型のカメラバッグ。
デザイン的に大人しい感じで、普通のカメラバッグのようにゴツゴツしていない。

その代わり、APS-Cの一眼を入れるにはやや無理があるが、ミラーレスならG7くらいの大きさでも何とかなる。

メインの収納部分は、ファスナーでマチ幅を変えられるようになっている。
ただし、このメイン部分は底面に緩衝材が入っていないので、硬い場所に下ろすときは要注意だ。

緩衝材が入っているのはメイン部分の隣の収納で、区切られており、幅もそれほどない。
ここはコンパクト機などを入れておく想定のようだ。
さらにその外側にはポケット。これも緩衝材はなし。
このほか、反対側にもオープンポケットがある。
また、メインの収納部分にも薄い内ポケットがある。

全体的に、普通のショルダーバッグとカメラバッグの中間のような製品だ。
実用性だけを考えるなら普通のカメラバッグになるのだろうが、ミラーレスを持ち出すだけなら、このくらいの緩衝材で良いのではないかと思う。
パンケーキレンズ+箱型ミラーレスなら、緩衝材ポケットにも入りそうだ。

デザインは結構気に入っている。
カメラバッグでこういうものは、なかなか無い。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ