忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2014/05/03(土)

以前、100円ショップ「セリア」のケーブルボックスのことを書いたことがあるが、多くの機器をつなぐにはちょっとサイズが小さい。

100円というわけにはいかないが、比較的安価でお勧めなのが、イノマタ化学の「テーブルタップボックス」だ。

大サイズと中サイズがあり、中サイズは長さ25cmまでのテーブルタップが入る。
6口のテーブルタップ(ただし余計なスイッチ等がついていないもの)まで中サイズでいける。
また、フタがついており、電源スイッチつきのテーブルタップを、ボックスに入れたままで操作することができる。

価格は、中サイズならアマゾンで 627円から。



大サイズは長さ37cmまでのテーブルタップになるので、OA用など大型のテーブルタップにも使える。
ただし、中サイズでも結構大きいので、大サイズを使う場合は、それなりに置き場所を考えたほうが良い。

私の場合、最近キーボード周りの機材がまた増えてしまったので、

・PC
・モニタ
・キーボード
・ミキサー
・シンセサイザー
・アクティブスピーカー

を6個口のテーブルタップにつないで、中サイズのボックスに入れている。
PR
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2013/03/31(日)



なんでこんな値段がついているのか分からない、という商品が時々あるが、「ケーブルボックス」もその一つだ。

ただのプラスチックの箱なのに、量販店で1,000円以上する。
難燃性の素材を使っているとか、いろいろ理由はあるのだろうが…。

上の写真は100円ショップ「セリア」で見つけたケーブルボックス。
もちろん100円だ。

やや小さいが、小さなテーブルタップとACアダプタなど大した電力ではないものを収納するには、これで十分だろう。


  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2011/08/27(土)

最近買って、意外とよかったもの。

磁石で冷蔵庫などに取り付ける、ふきん掛けだ。


なんということはない製品だが、今まで使っていたものは、ふきんの重さや拭くときの引っ張りのために、すぐ傾いてしまっていた。

この製品は、磁石が強力なのと、ふきんを掛ける針金部分に弾力があるためとで、格段に傾きにくくなっている。


こんなシンプルな製品でも、作りによって使い勝手は結構な差が出るのだなあと感心。

まあ安いんですけどね。

  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009/10/25(日)

溜まった本を、ブックオフの出張買取で引き取ってもらった。
単行本が200冊くらい、それにコミックが数十冊というところか。
本たちは、一応最後に記念写真に納めておいた。

私はそれほど読書家ではないのだけれど、それでも本や雑誌の整理は頭の痛い問題だ。
後から「失敗した」と思うかも、と考えてしまうと、処分できなくなるのだ。

処分の手間そのものは、ゴミに出すしかなかった以前に比べると、楽になった。
ブックオフに持ち込むというのもあるし、出張買取や宅本便など、大量の書籍でも手段がある。
値がつくものならAmazonで処分という手もある。

だから結局は気持ちの問題である。

毎月50〜100冊読むという勝間和代さんは、「とにかく本は読んだ先から処分する」と説く。
「残すのは10冊に1冊で十分」だという。(効率が10倍アップする新・知的生産術
勝間さんの「毎月手元に残るのはせいぜい5冊」なのだそうだ。
取っておくのも「読み返すためというよりは、良書だったので記念に手元に置いておきたい」から。

昨日紹介した「こころと暮らしの便利屋日誌」ブログでも、本の整理では
「お気に入りの本は癒しになるので本棚の中でもいい位置に置く」
という方法を紹介されている。
そして、「手元にあれば満足」という本は、棚に空きが無ければダンボールに詰めて収納しておけばよい、とも。

本棚は、本についての「思い出BOX」であり、個人図書館ではない…と割り切るべきなのだろう。
そう考えて、思い出になるかどうかの基準で本を選別した。
容易に再度入手できるかどうか、といったことは気にせず、また読むかどうか、ということも気にせず、
その内容に感銘を受けたとか、それ以外にも思い出が浮かぶものを残し、浮かばないものは処分。


ちなみに、私の本棚はイケアの「BILLY」というシンプルなもの。
これはイケアの定番商品で、買い足しもおそらくしやすい。
80cm幅のものを一本と、40cm幅のものを一本使っている。
40cm幅のほうは最近買ってまだ読んでない本&最近読んだ本置き場で、扉無し。
80cm幅は今回、お気に入り本専用にした。扉もつけてあるので、普段は中身は目に入らない。
もっとも、こちらは既に満杯状態で、ダンボール収納も考えなければならないかもしれないが…。
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2009/10/24(土)

このところ1ヶ月ばかり、このブログを更新していなかったが、実は毎週末、部屋の片付けをしていた。

私は片づけがかなり苦手なほうなのだが、とあるブログに出会い、コツのようなものを学んでから、片づけが楽しくなってきた。

そのブログは「こころと暮らしの便利屋日誌」。
最近Yahoo!のトップページからリンクされて、大変なことになっていたが…。

ブログの主は、片付けができない人達(苦手なのではなく、生まれつきできない)の手助けをしている。

単にズボラで部屋が汚い、というレベルではない。
ブログに掲載されている写真を見れば、散らかり方が普通ではないことはすぐ分かる。


そういった人達の家を訪れ、あふれるモノをどう分別し、整理整頓すれば
片付けやすい家にすることができるのか。
そのコーチングを、日本全国で行っている方なのだ。

放っておけば家がゴミ屋敷になってしまうような人達でも、
片付けができるようにするための、整理整頓ノウハウだから、
普通の人にもすごく役に立つ。


そんなわけで、この1ヶ月ばかり、毎週末は不用品の分別・処分と、
整理整頓のシステム作りをやっていた。

上記のブログから得たノウハウは、別ページにまとめてみた。
紙類が部屋に散乱して困っている人は、とりあえず紙だけでもすべて立てるようにするだけでも、
すごい効果がある。


写真は自分の部屋で最初に手をつけた、紙類を立てるシステム。
透明ケースはダイソーで売っている「ザ・BOX(3)」。
これに、手紙・定期購読の雑誌・それ以外の配布物・最近購入した機器のマニュアル類を
仕分けして入れ、週末など時間のあるときに処理している。

その下は1段のカラーボックスで、私が非常によく使うもの…
ドライバー、シールはがしスプレー、充電器、結束バンド、電池のストック、…等
が、100円ショップのカゴに入れて納めてある。
このカゴが私の「デイリーBOX」になっている。

そのカゴの奥には、たまに使うScanSnap S300を、ファイルボックス入れて収納。
ファイルボックスはナカバヤシCAPATY-E4という、ビデオテープが入るサイズのもの。

私のデスクは幅160cmと大型で、左右がデッドスペースになっていたので、
左にこのカラーボックス、右にコーナンで買った文庫サイズの棚を置いている。


  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ