iPod shuffle研究所

2017/04/09(日)

オークションで落札したギターアンプが届いた。
ギターはまだやったことがないのだが、ここ半年くらい、エレキギターを始めようかどうしようか迷っている。
もっぱら、部屋にギターを置く場所がないことが思い留まっている理由なのだが、ギターアンプだけを「キーボードにも使えるし!」という、あまり理由らしくない理由で先に買ってしまった。

ギターアンプは、周波数特性の関係でキーボードをつなぐには必ずしも向いていないのだが、このMicro CubeはAUX INがあるので、ただの外部スピーカーとして使うならここへ接続できる。
ギター入力へつなぐと、アンプシミュレータとエフェクタを通した音が出てくるので、簡易エフェクターとして使える。

前の持ち主はほとんど使用せず死蔵していたそうで、それが送料も含めて6500円くらいだったので割合お得だったような気がする。

これにMopho KeyboardRC-1をつなげば一人ライブができるかも。
腕があれば、だが・・・。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/03/12(日)

DTM系は脱DAWにしたのは先日書いたとおり(もはやDTMとは呼べないか)。
ただ、自動演奏が要らないかというとそういうわけではなくて、シンセをいじる際にちょっとしたバッキングを鳴らしたい。

リズムマシンはVolca Beatsで間に合うのだが、ベースやコードとなるとPCレスで使えるのはキーボード内蔵のシーケンサーか、KORG SQ-1ということになる。
正直、今使っているKS-32のシーケンサーは外部機器をコントロールするにはちょっと面倒だ。
SQ1は簡単に使えるが、ループが短いのがちょっと残念だし、そもそも単音しか鳴らせない。
MTRも考えてみたが、大きいし、ミキサーと入れ替えなければならなくなるので避けたい。


と思っていろいろ調べてみたら、自分の目的にはルーパーのほうが合っている気がしたので、BOSSのルーパー「RC1」を買ってみた。
ルーパーというのは、録音/オーバーダブに特化したサンプラー、とでも言えばいいだろうか。
ギターのエフェクターのように足で踏むペダルで、一度踏むと録音、もう一度踏むと録音したものが再生され(つつ、オーバーダブもされ)るというもの。
実際に使っている様子を見るほうが早いが、以下の記事にいろいろな使用例が載っている。

Loop Stationの革新性が見過ごされている件について | 是なまがつお

ギター系で使う人が多いが、もちろんシンセサイザーでも使える。
録音時間を拍で決められないのでタイミングが難しいが、最初にリズムトラックの録音さえうまくいけば、後はベースを重ね、コードを重ね、という感じで簡単にループが作れる。
今回買ったRC-1は、録音できるのは1トラックだけ、ステレオ入力・ステレオ出力、Undo可能、というもの。
シンプルだが、ループのどのあたりを演奏しているのか、再生中なのかオーバーダブ中なのか、が一目でわかるようになっていて非常に使いやすい。
値段はサウンドハウスで10500円+税で11340円。

使い方は、

・ペダルを踏むたびに再生とオーバーダブが切り替わる。
・1秒以内に連続2回踏むとストップ。
・2秒以上長押しで、再生中→録音のUndo/停止中→全消去。

電源スイッチはOUTPUT側のプラグが兼ねていて、プラグを挿すと電源ON。
電池は9V(006P)が使えるが、電池消費はかなり激しいらしいのでZOOMのACアダプタ「AD-16」も買った。小さいのでお勧め。

RC1は手で押すにはスプリングが強いので、外付けペダルを買うかどうか思案中。
外付けペダルは2ペダルのものが使えて、長押しが不要になりUndoなどがよりやりやすくなるらしい。

【BARKS編集部レビュー】BOSS「RC-1」はシンプルながらツボをおさえ、視認性抜群のインジケーターで快適操作できる実戦的仕様のルーバー | BOSS | BARKS音楽ニュース

これで、モノラルシンセでも簡単に重ね録りができるようになった。
要は、Kaossilatorみたいな使い方が普通のシンセでできるようになったわけで、作品制作ではなく鳴らして楽しむだけ、という自分のような使い方にはうってつけだと思う。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2017/03/11(土)

中古のカオシレーター2を2000円足らずで入手した。
以前買った初代もまだ現役だが、電源が入らないという2がオークションに安く出ていたので買ってみた。
新しい電池では普通に動作したが、電池が減ってくると確かに電源をオフにしたあと、電源が入らなくなることがある。
ただ、この製品は電源が入らなくなるトラブルはあるらしい。

kaossilator2 が起動しない!? - Togetterまとめ

ファームウェアがv1.06だったので、最新のv1.10にして様子を見ることにした。
Mini Kaoss Pad2は以前買ったので、この2台でミニマム名音楽制作環境ができた。
初代と2代目を比較すると、

・スピーカーが内蔵に
・マイクからの録音が可能に
・microSDに出力できる

・音色数が100→150に、音色も総入れ替え
・メモリが二つになり、それぞれ独立に長さの指定やオンオフや消去が可能
・Undoができなくなった

・タッチパッド面積が小さい
・ダイヤルがリボンパッドへ
・電池は3本から2本へ
・ディスプレイが7セグLEDからOLEDへ

と大幅に変わっている。

ASCII.jp:仕様書より開発者の“勝手”信じた、KORG人気シリーズ第2弾 (1/6)|四本淑三の「ミュージック・ギークス!」

機能アップした部分が多いが、自分としては、初代は初代でおもちゃっぽさが結構好きだ。
ただ、ヘッドホンすら必要なく単体で完結する、という点ではKaossilator2は優れている。

ちなみに、最新機種のKaossilator2sでは、メモリがひとつになってしまって、パターン1とパターン2のボタンが再生と録音のボタンになってしまったようだ。
これはちょっと改悪なんじゃないかという気がする。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ