iPod shuffle研究所

2018/09/01(土)

地デジ録画用に9年前から使っているKTV-FSUSB2だが、これを使ったTS録画およびTVTestとTVRockはWindows10でも動作した。

若干苦労はしたが、ネット上に情報が豊富なので助かった。
最新の情報に基づき、新しいバージョンのものをインストールした。
TVTest、TVRock以外には

・ドライバ関係(CyUSB 3.1.0.1=up340.zip)
・MPEG2デコーダ(DScaler
・VC2005ランタイム
・ffdshow

あたりをインストールして無事動作した。
参考にしたページは以下のとおり。

Windows10で署名なしドライバをインストールする方法/テストモードにする方法 - ぼくんちのTV 別館

BonDriver_FSUSB2 - KTV-FSUSB2/FSPCIE/FSMINI/さんぱくんの改造まとめWiki

PT3 / TVTest のインストールと設定方法 | 積水成淵日記

Windows10 Creators Update 後、KTV-FSUSB2を認識しない件の解決方法 (TVTest起動時にエラーが出る) | さゆみんなるものとは?

TvRock導入方法 - px-w3pe @ ウィキ - アットウィキ

TvRockの使い方:設定が解らない、番組表の取得・予約が出来ない人の為に - ぼくんちのTV 別館

全ての動画・音声を再生できるPCへ - PC活用術

TvRockRNAs - Junk yard | YuhisaNetworks(録画したファイルのファイル名指定方法確認ツール)

最初、TVRockでの録画開始がうまくいかなくて悩んだのだが、結局設定ミスだった。
録画基本設定のウインドウで、予約録画に使用するチューナーを指定するが、このときチューナーデバイスだけを選択するとうまくいかない。
その下の欄はチューナーが接続されているPCを指定するのだが、デフォルトはブランクになっている。
この欄はローカルPCの他、LAN接続されている他のPCを指定することもでき、これによってLAN経由で録画予約することができるようになっている。
PCを選択していなくても、ローカルPCのチューナー選択はできてしまうのが落とし穴。
PC欄がブランクのままだとローカルPCのチューナーを使用するのかと思いきや、そうではなく、ローカルPCでの録画であってもそのPCを選択しなければならない。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2018/09/01(土)

2012年に自作したメインPCが昨年来、ビデオカードの不調やWindows7自体の不調(バックアップが行えなくなったりWindows Updateが失敗したり)に悩まされていた。

PC自体のアップグレードも考えたが、自分の中でアップグレードの基準になっている「現行機の3倍の性能を得る」はちょっと難しそうなので、今回は見送り、Windowsを再インストールすることにした。
しかし、Windows7を再インストールしても、あと2年も経たずにWindows7のサポートは終了してしまう。
そこで、思い切ってWindows10に移行することにした。

この機会に、SSDはCrucialの240GBを東芝製チップを使った480GBのものにグレードアップ。NTT-XStoreで9500円くらい。
不調のビデオカードは、GTX1050Tiか1060を狙っていたのだが、昨今ビデオカードは高騰していて手を出しづらく、そうこうするうちにGTX2000シリーズも発表になってしまった。

そのため、2000シリーズのミドルクラスが入手できるまでのつなぎとして、ちょっと古いがZOTACのGTX750 1GBのカードをメルカリで入手。こちらは送料込み4400円でゲット。
性能的には、壊れてしまったRadeon HD 7790と大差ないが、この程度の金額なら納得感はある。
Windows10については、以前DTM用PCのWindows8をWindows10にアップグレードしたが、このDTM PCはもう2年ほど使用していないので、このライセンスを利用することにした。

最近のWindows10は、プロダクトIDのないアップグレード版でも電子ライセンスをMicrosoftアカウントに紐づけることができるということなので、DTM用PCをわざわざWindows Updateして紐付け可能なバージョンにしてみたが、結局別のPCにライセンスを移すことはできなかった。

結局、まずDVDからWindows8をインストールしてライセンス認証し、その上からWindows10を上書きインストールしたらWindows8の認証済み状態がWindows10へも引き継がれた。
Chrome、Firefox、SteamはとりあえずインストールしてWebとゲームはできるようになったが、先は長そうだ。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2018/04/05(木)

これまで自宅で使っていたNASは6年ちょっと前に買った1TBのLinkStationだ。
当初想定していたMacのTimeMachine接続先としての用途はどうも安定せず、すぐ再構築することになってしまうので結局使わなくなった。
速度もあまり早いわけではないので、それほど使用頻度は上がらなかった。

酷使していないためか、まだ故障せず使えてはいるのだが、そろそろ買い替えも必要かと考えていたところ、ちょうどNTTX Storeで12980円というセールがあったので、この機種に手を出してみた。

DS216jはHDDを別途購入して取り付けるタイプで、2ベイなので2台まで内蔵可能。
今回は、HDDは1台だけにして、WD Blue 3TB(WD30EZRZ)をノジマオンラインで7300円で購入した。

併せて20000円強となるので、LinkStation等のシンプルなNASよりは若干高い。
シンプルなNASだと、3TBなら15000円程度だ。

1万3000円のNAS、どれだけ幸せになれるか | 日経 xTECH(クロステック)

だが実際に使用してみたところ、機能も豊富で使いやすく、差額分の価値は十分にあると思う。
ブラウザで動作するデスクトップ風のインタフェースはすごくよくできている。
スマホのように、新しいアプリケーションをダウンロードして追加することが可能で、USBポートにオーディオIFをつないでメディア再生させたり、プリンタサーバにしたりといった使い方もできる。
さらに、USBにWiFiやBluetoothのアダプタを挿して利用することもできる。
また、設定次第でインターネットから自宅のDS216jにアクセスする使い方もできる。
いろいろな機能が詰め込まれた、夢のある製品だ。

ちなみにDS216jには既に後継機のDS218jが発売されているが、違いはCPUクロック(1GHz→1.3GHz)のみ。
現状でもパフォーマンスは十分出ていると思うので、安く買えるならDS216jも良いと思う。

転送速度は、数GBを転送する場合の平均は70MB/s前後。
ということは560Mbpsなので、GbEの帯域を考えるとかなり速いし、WiFiから使う場合はこれ以上速くても意味がないだろう。
以下のベンチマークはネットワークドライブをマウントしてCrystalDiskMarkで取ったもので、上がDS216j、下がこれまで使っていたLinkStation。
3倍くらい速くなっているのが分かる。

なお、今回HDDの値下がりも感じたが、その震源はどうやら「SMR」という高密度化技術らしい。
この技術のためにHDDの容量あたり単価が下がり、それに引きずられてSMRでないHDDも値下がりしているようだ。

【福田昭のセミコン業界最前線】10TBの大容量HDDを実現した「SMR技術」登場の背景 - PC Watch

ただ、上の記事にもあるようにSMRはまだ枯れた技術とは言えないようだ。
速度も、SMRでは若干遅くなる傾向にある。

3TBのHDDだとSeagateのST3000DM007が7000円を切っていて最も安いのだが、これはSMR採用機らしいのと、Synlogyの互換性リストにまだ出ていなかったため、購入候補から外した。

Compatibility List | Synology Inc.

注意書きがある機種もあるので、HDDの購入時には一応チェックしたほうが良さそうだ。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ