iPod shuffle研究所

2014/11/16(日)

タオバイザーの操作方法についてちょっと書いておく。
といっても前回書いたように、タオバイザーはGoogle Cardboardなので、実際にはGoogle Cardboardの操作方法になるが。
ちなみにCardboardというのはボール紙のことだ。

Cardboard用のアプリは「Cardboard」。
もちろんGoogle Playからダウンロードできる。

このアプリに含まれる「Tutorial」で説明されている基本的な操作は
(1)ホームへ戻る方法
(2)クリックの方法
の2つ。

ホームへ戻るには、Cardboardを顔から離して、縦(右を下、左を上)にする。
これは簡単だ。

クリックのほうは、Cardboardに1つギミックが用意されている。
ドーナツ型の磁石2つで、スマホにクリックを伝える仕組みだ。


Cardboardの左側面にこの仕組みはついている。
もちろんタオバイザーも同様だ。
2つのドーナツ型磁石はCardboardの内側と外側にあって、内側の磁石は固定されている。
外側の磁石は固定されていないが、内側の磁石とCardboardを挟んで引き寄せあっている。
そして、この外側の磁石は下方向に少しだけ動かせるように、Cardboardに切り欠きがついている。
外側の磁石のドーナツの輪に指を引っ掛けて押し下げると、磁石は下へ動く。
指を離すと、磁石は内側の磁石に引っ張られて上に戻る。

磁石のこの動きに合わせて、周囲の磁力の状態が変化する。
その変化をスマホの地磁気センサで読み取り、磁石を指で押し下げたことを検出しているらしい。
Google Cardboardは頭に固定する仕組みがなく、片手で持って使うことになるので、側面にスイッチがあると使い勝手も良い。

ただ、スマホの機種によって磁気センサの場所が異なるためか、残念ながら一部の機種でしか使えない。
Xperia Z1fも、磁気センサは本体上部(横向きにした場合の左側)ではなく下部(右側)についているようで、うまく動作しなかった。
写真のような位置に磁石が来ると動作したので、おそらくセンサの位置の問題だろう。
完璧ではないとはいえ、よくこんな仕組みを思いついたものだと感心してしまった。
磁石の位置を何箇所かの中から選択できるようになると、対応スマホを増やせるだろうと思うのだが・・・



  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ