忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2017/02/19(日)

ピアノ教室の発表会のビデオ制作を頼まれ、初めてブルーレイディスクを作ってみた。
お金をもらうような仕事ではないので、気楽な作業ではある。

使った機材は、これまでこのブログで紹介したものばかり。

■撮影

カメラはPanasonic G7、レンズはレンズキットの14-140mmを使用。
外付けのマイク「TASCAM TM-2X」を装着した。

これを三脚(SLIK スプリントPRO II 3way)にのっけて、4Kビデオで撮影。

予備バッテリは互換品(シグマBP-51)を2個用意し、万全の体制で臨んだ。

■録音

カメラ側でも録音するが、別途ピアノの近くにSONY PCM-M10を設置。
これはミニ三脚に乗せて床置き。

■編集

Vegas Pro 13で編集。
このソフトは4Kにも対応しており、それほど高スペックではない自分のPCでもストレスなく編集できた。

オーサリングはVegas Proとセット購入のDVD Architect Pro。
実はこれまで使用したことはなかったのだが、このビデオを見た程度で、すぐ使えるようになった。
■ディスク作成

ディスク焼きは以前から使っているPioneerのポータブルBlu-rayドライブ「BDR-XD05J」
特に何の問題もなかった。
先日購入したブルーレイプレーヤー「BDP-S1500」で確認し、完成。

まだBlu-rayが見れない人もそれなりには居ると思うので、Blu-rayとDVDの両方のフォーマットを用意した。
ケースは、2枚入るこれを購入。



というわけで、手持ちの機材で普通にBlu-rayディスクを作ることができた。


制作してみた感想。

(1)4Kは便利

広角で4Kで撮影し、編集時点で拡大・角度の補正などをできるのは便利だ。
ファイルの継ぎ目で音が飛んだりしないかと、ちょっと心配だったが、さすがにそういうことは無かった。

(2)PCMレコーダーは便利

カメラ側で録音した音と、レコーダーで録音した音は全く音質が違った。
音楽という意味では、レコーダの圧勝。
まあこれは、楽器のそばで録音できたから、ということもあると思う。

編集で、演奏部分はレコーダー、拍手などはカメラ側の音声をミックスした。
ステレオ感という意味では、カメラ側の録音のほうが優れている。

(3)Vegas Proはおすすめ

安定しているし、今回使用したDVD Architect Proも使いやすかった。
ディスク(Blu-rayでなくDVDでも)を焼く可能性があるなら、セットでの購入をおすすめする。
1万円でおつりがくるソフトだが、アマチュアの制作には十分だ。
DVD制作はフリーソフトでもできないことはないが、やはり使い勝手が大きく違う。

PR
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ