iPod shuffle研究所

2018/12/29(土)

9月に、「今はPCをアップグレードしても昔ほどパフォーマンスの向上がない」という話を書いた。
なので今年はPCのアップグレードは見送ったが、その代わりにパーツ関係で若干のパワーアップをした。


まずはプリンタ。
2007年末に購入したCANONのMP610が、ついにエラーで動かなくなってしまった。
内部清掃などもためしてみたが、状況は変わらず。

あきらめて、比較的インクのコスパが良さそうで本体も安かったCANON TS5030を買ってみた。
NTT-XSTOREで7,777円だった。

さすがに10年経つと、サイズは2回りくらい小さくなっている。印刷速度や騒音は、さして変わらない。
そして、無線LANに対応しているのは普通に便利。

しかしむしろ悪化しているのが、印刷コスト。MP610はもともと高コスパで神機と言われていたが、いまどきのプリンタはどれもインクコストが高い。
TS5030は、大容量インクを使えばぎりぎり許容範囲(それでもMP610よりは高コスト)だ。

この時期、プリンタの主要用途は年賀状なので、大容量インクも別途購入した。
互換インクのセットをインク革命.comで買った。
まだ付属のインクを使い切っていないので、インク品質は未確認だ。


次にRAM。
ずっと高止まりが続いていたDDR-RAMの価格が、ここにきて若干下がってきた。
8GBが6000円程度になったのは久しぶりなので、この機会にデスクトップもノートも、8GBから16GBにパワーアップさせた。
デスクトップ用はTeamの製品で5480円、ノート用はCFD販売で6323円だった。

RAM増設は、地味ながら体感的には結構効果がある。
意外だったのは、ブラウザの動作が良くなった感じがすることだ。
単にメモリ上にキャッシュされる量が増えたからかもしれない。


最後にマウス。
ノートPC用には、これまでレノボのBluetoothマウスを愛用してきて、壊れてはいないのだが、Amazonで4500円程度と若干安くなっていたRazar Atherisを買ってみた。
RAZARのマウスはデスクトップでも使用していて耐久性、操作性は良いと思っていたので、ノートもRAZAR製にしてみたのだ。
若干重いのと、クリック音が大きめではあるが、操作性は向上したので満足している。
なぜかBluetoothだとうまく接続できなかったが、付属のUSB接続のレシーバーでは問題なし。
手触りもいいので、多分レノボに戻ることはないだろう。
(2019/1/8追記:Windows7ではBluetooth 4.0(BLE)はプロトコルスタックが供給されていないため使用できないらしい
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ