iPod shuffle研究所

2019/03/20(水)

先日購入したminilogue、いじりはじめて3日ほど経ったのでファーストインプレッションを書いてみる。

まあ発売から3年経っているわけで、今更なレビューではあるが。
ただ、ネット上のデモをいろいろ聴いてはっきりしたのは、先日発売されたminilogue xdはminilogueとは別物だ、ということだ。

カバーしている範囲はxdのほうが格段に広い。
VCOも多彩だし、フィルターから出てくる音がエネルギッシュなので、ゴリゴリしたベースや煌びやかなリードなど、モノシンセが得意とする音ではxdが良い。

一方miinlogueのフィルターは、設計者の意図通り、ポリフォニックで鳴らしたときに音の粒揃い感みたいなものがある。

フィルタのカットオフやレゾナンスはモジュレーションによって時間変化するので、複数の音を時間差で鳴らした場合、それぞれの音のフィルタの設定値は異なっている。
それを重ねているのだから、引っ込んだり目立ったりぶつかったりということがあるはずなのだが、miinlogueは不思議と調和感がある。
例えば私の持っている他のポリ・アナログシンセでは、DSI Mopho/Tetraはぶつかりまくりだし、αJunoはおとなしすぎでそもそもぶつかりようがないイメージがあるが、今のところminilogueはおとなしすぎずぶつからず、という中庸を得ている感じ。

これはフィルタの設定値ごとの音量変化や、カットオフを変化させたときの音色変化などを、どの程度の量にするかという調整の賜物だろう。
もちろんその代わり、どんな音を作っても「minilogueの音」という括りの範囲にはあるのだが、それはどのシンセでも同じだと思う。

あと、TIPS。

minilogueはマニュアルを見なくても、アナログシンセをいじったことがあればほぼ操作できる。
しかし、SHIFTボタンの使い方だけはマニュアルを見ないとわからない。

結構便利なショートカットが揃っているので、覚えておいて損は無いと思う。
特にチューニングは、起動時に行っただけではどうしてもずれてくるので、温まったところで再チューニングは必須だ。


  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ