Music Gadget Lab

2020/01/13(月)

今回のCore i5→AMD Ryzen 5の移行では、交換したのはCPUとマザーボードとメモリと電源。
すべてのストレージ及びグラフィックカードは流用した。

本来ならSSDも新しいのにしてWindows10をクリーンインストールするほうがトラブルは少ないと思われるし、グラフィックカードは古い(GTX750)ので、GTX1650に変えようかとも思ったのだが、そうしなかったのはWindows10のデジタルライセンスの移行が起こると面倒そうだったからだ。

Windows 10のデジタル ライセンスによる認証のメリットとデメリット | Solomonレビュー[redémarrage]

旧マシンのWindows10はWin8Proからのアップグレード。このときはWindows8をインストールしてライセンス認証してからWindows10へ移行した。
その結果、Windows10のライセンスはデジタルライセンスになっている。

これをもう一度やるのは控えめに言ってもかなり面倒くさいので、ライセンスの状態を引き継げる可能性が高くなるように、できるだけハードウェア構成を変えないようにした。

で、結果どうだったか? Windows10も再インストールせず、旧マシンのSSDのままで新マシンを起動してみた。
ちょっと驚いたのだが、プラグ&プレイで新しいCPUとマザーボード用のデバイスドライバが自動インストールされ、一回の再起動でWindows10自体は何事もなく立ち上がった。

しかし、デジタルライセンスは無効になり、再度認証が必要になった。
やはりCPUとマザーボードを交換するというのはクリティカルな変更であるらしい。

再認証だが、いろいろネット上の情報を見ていると、プロダクトキーとして(Windows10ではなく)Windows7のものを使っても認証されたという情報が飛び交っているので、これを試してみた。

もともとWindows8 Proからのアップグレードなので、元のWindows8 ProのDVDについてきたプロダクトキーをWindows10のプロダクトキーの代わりに入力してみたところ、なんと認証してくれた。

というわけで、アプリケーションも各種設定もそのままに、Windows10を新マシンで使えるようになった。
アプリケーションや様々なデバイスドライバのインストール、設定はとても大変なので、それをやらずに済んだのは大変ありがたい。
やはりWindows10も細かいところではここ数年で進歩しているようだ。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [02/11 ]
名無しの [02/11 ]
勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ