iPod shuffle研究所

2005/04/07(木)

今自宅で私が使っているPCはこんなスペック。

CPU Pen3-800MHz
RAM 512M
HDD 9.1G UW-SCSI + IDE 160G + IDE 200G
DVD GSA-4082B Multi Drive
VGA Matrox Milleniuum G400
PCI USB2.0, UW-SCSI, 100BaseTX, SoundBlaster Vibra
MB P3B-F

まあゲームとかしなければそこそこ使えるスペックではある。
実際、会社ではPen4-3GHzのPCを使っているけれど、自宅へ戻ってPCを使っても遅くて使えないというほどでもない。

それでも最近、ソフトが要求するスペックがじわじわと上がっているのを感じるようになってきた。

趣味で作曲ソフトをいじっているのだが、ソフトで楽器音を合成するソフトウェアシンセを使うと、CPUの能力が追いつかないことがあるのだ。

先日Proteus Xというソフトシンセを買おうとしたら、推奨ハードはPen4-2.4GHzクラスとなっていたりもした。

PCのクロックなんて早くなってもできることは大して変わらない、なんて思っていたのだが、そうも言えなくなってきた。


そんなわけで、メモリが安くなっているこのチャンスが潮時かなーと思い、大枚5万円をはたいてパーツを買い込んできた。

こんなスペックだ。

CPU Athlon64 3000+ Socket939
RAM 1GB (512MB x 2)
HDD 80GB SATA(とりあえず)
MB MSI RS480M2-IL
CD/DVDドライブは家で余っているものを流用。

CPUは発熱が低くコストパフォーマンスの良いAthlon64 Winchester。
もうすぐ新しいrev.Eコアが出るらしいが、パフォーマンスは大して変わらずに消費電力が増えるらしい。
なので、あえてWinchesterを駆け込み買い。

マザーボードはRadeon X300相当のVGAをオンボードで持つMicroATXのボードだ。IEEE1394、サウンド、10/100MLAN搭載。
14000円くらいなので、値段が高めのSocket939マザーの中ではコストパフォーマンスが非常に良い。安定性も高いらしい。

ケースはこだわって我流道場GD-N1000/SWというのを買ってみた。

こだわりといっても、机の関係で高さが40cm未満のATXケースが欲しかっただけなのだが。

マザーはMicroATXだけど、ある程度ドライブベイが欲しいのと、もしかしてあとでATXマザーに買い換えるかもしれないので、ATXケースを選んだ。


さっそく仮組みし、今メモリテストツールを走らせ終わったところ。

Athlon64の付属のCPUファンはずいぶん静かだった。
HDDも静かなものを選んだし、ケース付属の電源もかなり静かだ。
こりゃー流行の静音PCができちゃうかな?

というところで時間切れで明日へ続く…
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ