iPod shuffle研究所

2006/10/01(日)

先日、「地球が天国になる話」という本の話を書いた

この本は自分や他人の「劣等感」からいかに逃れるか、みたいなテーマを持っている。

劣等感からくる「イライラ」が人を傷つけずにはいられなくさせる。
特に、親が子供を傷つけてしまうのは深刻だ。

自分がそうなったり、あるいはそういう人が周りにいるとき、どうするか。
そんな話。


ただ、劣等感と言っても、「俺はだめだ」みたいな、自意識に上っている劣等感ではない。

じゃあどんなものなのか? それを「劣等感」と呼ぶのは適当なのか?
実はこの本では、そこのところは今ひとつ明確には説明されていなかった。


なのだが、先日たまたまこういう記事を読んで、やっぱり劣等感なのだなあ…と納得した。
職場不倫がバレるとき (遥洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」)

この記事は、職場不倫の話などしていない。それは前フリにすぎない。
周りにいる、劣等感からイライラしている人にどう対処するのか。
そういう話。

イライラから攻撃的になる行動を、言葉による攻撃もふくめて広義のDV(家族や職場の部下などへの暴力行為)とみなし、それへの対処をこう述べている。


相手を“見下げる”ことから始まるDVの構造を理解すれば、実は“自分は優れていると思いたい”の裏返しでもあることが分かる。

 だから一見矛盾しているようだが、暴力を振るった男性には「あなたは正しい。悪くない。家族もまたあなたを理解していない」と言ってあげることで苛立ちは沈下する。同時にそう言ってくれる人間への信頼も芽生え、そこで始めて抑止が力を持つのだ。

 暴力を振るう男性に送る“礼状”とは、リングにタオルを投げ入れるのと似ている。
「もう殴るな」ということだ。

“自分は優れていると思いたい”これはやっぱり劣等感と呼ばざるをえない。
この記事を読んで、もう一度「地球が天国になる話」を読んで、ようやく得心がいった。
ちなみに、こういう暴力を振るうのは男性とは限らないよ。
母親とかでも構造は一緒。

このblogにはあまりそぐわない話のような気もするけれど、本の紹介のつづきということで。
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ