忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2007/04/28(土)

のだめ以来のコミック大人買い。


シグルイ
(1)〜(8)

著者: 山口貴由 /南條範夫

出版社: 秋田書店


江戸時代、濃尾無双と言われた「虎眼流」剣術があった。

ストイックに技を磨き、ついに虎眼流の跡目ともなろうかという若き剣士、藤木源之助。
その源之助を上回る技と、女を振り向かせる美貌を備え入門してきた天才剣士、伊良子清玄。

技を競い合う両者の確執を封建社会をバックに描きだす。


うーん、こう書いてもこの作品の魅力は伝わりませんな。

何というか、一種異様なコミックだ。
登場人物は皆すさまじい。嫉妬深く、執念深い。
しかも武士なので、武士道的美学によって屈折している。

虎眼流の当主、岩本虎眼に至っては痴呆であり、初登場シーンでは刀を振るいつつ尿失禁。
武士の美学を頑なに守るが故、全く動じる様子を見せない門弟たち。

第一巻に、こうある。
「士(さむらい)の命は士の命ならず。
 主君のものなれば、
 主君のために死場所を得ることこそ
 武門の誉。」
これが美学。

そしてその帰結は、
「封建社会の完成形は、少数のサディストと
 多数のマゾヒストによって構成されるのだ」
となる。

この作品では、そのサド・マゾの部分を存分に描き出している。

加えて、絵も濃い。
異様な世界を受け止めるだけの濃さがある。
闘いのシーンで登場人物の衣服を取り去ってしまう表現手法も、濃さに輪をかけている。
(切腹のはらわたまで描いているのは人によっては駄目かも。私は平気だが…)

という濃い作品なので、万人向けのオススメとは言えないのだけれど、
コミック好きならば読んでみるべき作品だと思う。
PR
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ