iPod shuffle研究所

2008/05/16(金)

先日購入したMVPenが届いた。

とりあえずiPod shuffleと一緒に記念撮影。
ペンは普通の重さ、太さ。違和感ゼロ。
センサー部分も、とても小さい。

MVPenは、
・PCとUSBで接続した状態でそのまま使う
・持ち出して紙に書きながらそれをセンサー部に保存し、あとからPCで読み出す
という二つの使い方ができる。


とりあえず素性を調べるために、マウスの代わりとして使ってみた。


追随性は非常に良く、遅れはほとんど感じられない。


解像度は、箱には100dpiと書かれている。
が、実際にはマウスモードの場合、付属のソフトで解像度を設定可能だ。

試してみたところ、1280ピクセルの画面の端から端まで移動するのに
・最低解像度:約20cm(160dpi相当)
・最高解像度:約10cm(320dpi相当)
となった。

ちなみに、入力用エリアはセンサから7.5cmほどはなれたところが上限になる。
お絵かき用の入力デバイスとして使うのであれば、その点は考慮が必要。
たとえば、最低解像度で使う場合、入力領域として20×15cm、センサまでの
距離を確保するためには最低20×22.5cmのスペースが必要になる。


入力精度については、私はタブレットを持っていないので比較できない。
が、MVPenの仕組みから推定すると、おそらくタブレットには劣るのではないかと思う。

MVPenはセンサ部分からペンの位置を測定している。
ということは、ペンの位置を「角度と距離」で測定しているはずだ。
したがって、センサ部分が少しでも動いたり回転したりすると、そこから大きな誤差が生じる。

一方、タブレットの場合は入力領域上の「X−Y座標値」で測定しているはず。
おそらく、MVPenよりも誤差が生じにくいだろう。


実際に使ってみた感じでは、ピクセル単位の細かい入力にこだわるのでなければ、
実用上は問題ないように思う。
むしろ、この仕組みでこれだけきちんと測定できている、ということに驚いた。

というわけで、明日に続く。
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ