忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2005/05/08(日)

当ページを訪問してくださった狼煙さんこちらのページで、大変魅力的なツールに出会った。

Quintessential Playerという統合型プレイヤー。

CDからのエンコード、CDDBへのアクセス、ビデオ再生など、さまざまな機能を備えている。
また、スキンの切り替えとプラグインによる機能追加が可能。

ここ数年、CDのエンコードにはCDexというフリーのツールを使っている。
圧縮形式はmp3だ。
変化の激しいこの世界で、WMAやAAC、ATRAC3など、メーカー独自色の強い圧縮形式は使う気になれない。

残念ながらiTunesのmp3エンコーダは音質が今ひとつというもっぱらの評判だ。
かといって、無料で、CDDBが使えて、mp3エンコーダを自分で選択できるツールはそう多くない。
CDexをずっと使ってきたのはそのためである。

QCD Playerは、CDexから乗り換えてもいいかも、と思えるツールだ。
実に数年ぶりにそういうツールに出会った。

QCD PlayerではCDDBを(もちろん日本語も)フルサポートしている。
また、種類は少ないがプラグインでエンコーダを選択できる。

それもLAME mp3 encoderが使える、というのが個人的にポイントが高い。(プラグインの追加ダウンロードが必要。)
また、Ogg Vorbisエンコーダもサポートしている。

試しに数枚、CDをエンコードしてみて、しばらくこれを使ってみることに決めた。
このまま使い続けることになる可能性大。

他に気に入った点を挙げておく。

・スキンが多種用意されており、できもよい。
 ランキング一位のNucleo SynPLEXもいいが、iTunesユーザにはqTunesがいいかもしれない。

・映像再生も可能。これまでBS Playerを使っていたが、これも乗り換えかも…。

・プラグインでASIOによる再生に対応している。これでfoobar2000を使う理由が一つ減った。

・エンコードウインドウに「show output folder」というボタンがある。
 こういった細かいところが、このソフトはよくできている。

・ID3タグの編集機能がある。

今までいろいろなツール/プレイヤーを渡り歩いてきた人にもお勧めできるソフトだ。

【追記】
QCD PlayerとLAMEの組み合わせでは、ID3タグがTitle/Album以外うまく書けないらしい。
QCD付属のエンコーダも悪くはないのだが、やはりLAMEが使いたいところ。
うーむ…。
PR
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Re:QCD Player(05/08)
アーティスト名がが入りませんが、SuperTagEditorというソフトを使えば一つ名前を入れると下方向にばーっとコピーできるので解決です。
Re[1]:QCD Player(05/08)
うーん、私もSuper Tag Editorは使っていました。
iTunesのタグ編集機能でも一度に複数の楽曲のアーティスト名を設定するのは可能です。
でもこれだと一曲ごとにアーティストが異なる、コンピレーションアルバムなどは困っちゃうんですよ。
それに、やっぱり手作業は面倒なんです…。
コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ