忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2011/06/25(土)

Mac OS XはれっきとしたUNIXだが、いろいろ作業をする上ではLinuxもあると便利。
なんといっても色々なツールが揃っている。

というわけで、VMWare Fusionを購入してDebian Linuxを導入してみた。


VMWare FusionはUSのVMWareのオンラインストアで購入。

6月30日までダウンロード版を25% OFFで買えるキャンペーンを実施中だった。
通常価格は79.99ドルだが、そのおかげで59.99ドルに。
日本円にしたら5,000円程度なので、割とお買い得かも。

Linuxは、最近はUbuntuとか流行ではあるが、昔から使っていたDebianを選択。
最新のDebian Squeezeはメニューに出てこなかったので、一つ前のLennyにしておいた。

ネットワークインストール用のISOイメージをダウンロードしてきて、VMWareへ放り込む。
これだけで一通りインストールは自動で進んだ。

VMWare Toolsというのを使うと、Macとのファイル共有も可能になる。

このインストール方法も、へぇという感じ。
VMWare ToolsはVMWare自身に内蔵されている。
VMWareのメニューから指定すると、仮想マシンのCD-ROMにVMWare Toolsの
CD-ROMが挿入された状態になる。
あとは、仮想マシンから/dev/cdromをマウントすれば読み出せる。

VMWare Toolsがインストールされると、VMWareで指定したフォルダが
/mnt/hgfsに接続される。
ファイルシステムの違いなども考えなくて済むので楽だ。

ネットワーク的には、MacがNATのルータになる。
VMWareをインストールすると、Mac側にvmnet1, vmnet8という
ネットワークインタフェースが追加される。
vmnet8がNAT配下のネットワークで、仮想マシンもvmnet8に接続される。
Macと仮想マシンとのIP通信も問題なく行える。
ブリッジ接続も可能だが、Macが外出時に別のネットワークに繋がることを
考えると、NATにしておくほうが問題は起こりにくそうだ。

PR
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ