Music Gadget Lab

2020/01/23(木)

先日デスクトップPCをアップグレードしたが、もう一つの懸案が持ち歩きPCだった。

2012年11月に買った初代iPad miniはさすがに今となっては非力すぎる。
2013年11月に買った11.6インチノートPCのGTune i310は十分な性能があるが、ACアダプタも含めると2Kgを超えるのであまり持ち歩きたくない。
2011年1月に買ったMacbook Airは時々持ち歩いていたが、さすがに古すぎる上、昨年の夏の終わりにどこかで紛失してしまった。
2014年に購入したWindowsタブレットiwork7は、Windows10にアップグレードはしたが、やはりWindowsを動かすとかなり重い。

というわけで5年ぶりのモバイルPCの購入、候補として考えていたのは、

◆HUAWEIの10インチタブレット(MediaPad T5)・・・2,2万円くらい
◆iPad(第7世代or 第3世代Air)・・・3.8万円 or 6万円
◆Chromebook(いろいろ)・・・4~7万円くらい
(価格はすべて税込み)

というあたりだったが、決め手に欠け迷っていた。
そこへ、たまたまApple Storeのページを見ていたら、

◆iPad pro(第2世代10.5インチ整備済み品)・・・5.6万円

という今まで想定していなかった候補の存在に気付いた。
CPUこそ最新のAirに劣るが、RAM容量やカメラ性能、スピーカー、Apple Pencilの追随性能など、それ以外のすべての面で上回っており、コストパフォーマンスは高い。

Androidタブレットはすぐ旧式化してしまうし、Chromebookは自動更新ポリシーに縛られる部分があるし、iPad/iPad mini/iPhone用に購入したソフト資産も・・・と考えると、iPad、しかもその中でもAirより高性能(多分)で安い、iPad Proが最適解な気がしてきた。

というわけで64GB WiFiモデルをポチッと。
届くのは明日の予定。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2020/01/18(土)


デスクトップPCのSSDは1年ちょっと前に交換したばかりだが、当時プチフリーズがあった。
その後軽減はしたものの、どうも完治していない感じがあった。
マザーを交換したあとも状況に変化がないようなので結局別の機種にした。

新しいSSDはCrucial MX500で、実は9月の末ごろにツクモで6980円だったのを買って、手付かずのまま保存していた。
マザーボードを交換したので、本当はNVMe接続のSSDを試してみたいところだが、まあ次の機会にしよう。

Crucialはファームウェアをちゃんと更新する会社というイメージがある。
amazonのレビューを見るとトラブル事例もあるが、それだけ数が売れているということもあるだろう。

とりあえず移行は簡単に終了し、今のところ問題なく運用中。

  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

2020/01/13(月)

今回のCore i5→AMD Ryzen 5の移行では、交換したのはCPUとマザーボードとメモリと電源。
すべてのストレージ及びグラフィックカードは流用した。

本来ならSSDも新しいのにしてWindows10をクリーンインストールするほうがトラブルは少ないと思われるし、グラフィックカードは古い(GTX750)ので、GTX1650に変えようかとも思ったのだが、そうしなかったのはWindows10のデジタルライセンスの移行が起こると面倒そうだったからだ。

Windows 10のデジタル ライセンスによる認証のメリットとデメリット | Solomonレビュー[redémarrage]

旧マシンのWindows10はWin8Proからのアップグレード。このときはWindows8をインストールしてライセンス認証してからWindows10へ移行した。
その結果、Windows10のライセンスはデジタルライセンスになっている。

これをもう一度やるのは控えめに言ってもかなり面倒くさいので、ライセンスの状態を引き継げる可能性が高くなるように、できるだけハードウェア構成を変えないようにした。

で、結果どうだったか? Windows10も再インストールせず、旧マシンのSSDのままで新マシンを起動してみた。
ちょっと驚いたのだが、プラグ&プレイで新しいCPUとマザーボード用のデバイスドライバが自動インストールされ、一回の再起動でWindows10自体は何事もなく立ち上がった。

しかし、デジタルライセンスは無効になり、再度認証が必要になった。
やはりCPUとマザーボードを交換するというのはクリティカルな変更であるらしい。

再認証だが、いろいろネット上の情報を見ていると、プロダクトキーとして(Windows10ではなく)Windows7のものを使っても認証されたという情報が飛び交っているので、これを試してみた。

もともとWindows8 Proからのアップグレードなので、元のWindows8 ProのDVDについてきたプロダクトキーをWindows10のプロダクトキーの代わりに入力してみたところ、なんと認証してくれた。

というわけで、アプリケーションも各種設定もそのままに、Windows10を新マシンで使えるようになった。
アプリケーションや様々なデバイスドライバのインストール、設定はとても大変なので、それをやらずに済んだのは大変ありがたい。
やはりWindows10も細かいところではここ数年で進歩しているようだ。
  1. この記事のリンク
  2. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [02/11 ]
名無しの [02/11 ]
勇者カズ坊★ [06/08 ]
ガマシッド [06/08 ]
勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ