Apple Wireless KeyboardをWindowsで

先日組み立てたDTM専用PCのキーボードは、あまっていた小型のUSBキーボードを使用したのだが、どうもスリープから復帰したときに認識されず、USBポートに挿しなおさなければならなくなる現象が頻発していた。
そこで、以前iPad用に購入したApple Wireless Keyboardを復帰させることにした。
Bluetoothは、これも余っていたUSB Bluetoothドングルを使用。
Bluetooth 2.0とちょっと古いが、キーボードに使うのには問題ない。
何と最初に使ったUSBキーボードよりもさらにコンパクトに納まった。
一つ困ったのは、PrtScrキーが無いので画面キャプチャが取りづらいことだが、調べたらWindowsにはSnipping Toolという画面キャプチャツールが標準装備されていることがわかったので、これでしのぐことにした。
Snipping Tool を使用してスクリーン ショットをキャプチャする – Microsoft Windows ヘルプ
また、WindowsでApple Wireless Keyboardのファンクションキー等を使用するためのツールもある。
Apple Wireless Keyboard Helper for Windows – Misuzilla.org
まあ、自分の場合はDTMソフトしか動かさないので、あまり必要なさそうだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました