母親用PC

71歳の母親がPCでメールができるようになりたいというので、ノートPCを購入。
それなりに携帯メールは使いこなしているし、眼も悪くはない…

ということで、東芝の15.6インチの製品を選択。

dynabook T350/46BRのヨドバシカメラオリジナルモデル「T350/46BRD」にした。
ヨドバシモデルは、東芝純正モデルと比べると、
・HDMI出力付き
・HDDが500G→640G
・LANが100M→1G
と、若干スペックアップしている。
むしろ上位機種T350/56Bから、ブルーレイドライブをDVDドライブに落とした感じだ。

選択ポイントとしては、

・4〜5年満足できるスペック (おそらく買い替え周期が長いので)
・Office付属 (自分で使わなくてもメールで添付されてくる場合があるので)
・液晶の品質がいいもの (長く使うものはアナログ部分にこだわりましょう)

というところ。

Core i5 + 4GB RAMでOffice付属、というスペックに絞り、見て回った。

こちらの記事にもあるけど、各メーカーの春モデルの値下がりが著しい。

パソコン価格が史上空前の急落! 17万円の高機能ノートが9万2000円

HPやレノボなどのOfficeが付属していないモデルはさらに安いのだが、今回はパス。
国内メーカー製でOfficeが付いて7万円台なら、お買い得感は高い。

人気モデルに品薄注意報! 波乱のA4ノート市場――ヨドバシに聞く

という感じで、売れ行きもいいらしい。

実物を見て回ったところ、国内メーカーの製品は、どれも液晶は高品質だった。
正直、あまりメーカーの間で大きな差は無い感じ。

結局、メーカーのイメージや、これまでの購入経験から東芝を選択。

国内メーカーは先行きが結構心配だったりするのだが、東芝は世界市場でのシェアが
結構高いので、何とか生き残ってくれるのではないか…なんてことも考えたり。

プリンタも要望されたので、無線LAN内蔵のキャノン製、MG5230を選択。

タッチパネル式の上位モデル、MG6130と値段的にはほとんど変わらない。
だが、タッチパネルはかえって分かりにくいような気がして、こちらを選択。
ランニングコストもMG6130は良くないようだし。

MG5130なら1万円強とかなり安いが、無線LANで接続できないので候補外。

ノートPCなのだから、線をつないだりはずしたり、は極力避けたい。

PCは84800円のポイント10%、プリンタはAmazonで17350円だった。
ヨドバシカメラのポイントを考えると、これら2つで9万円ちょっと。
5〜6年前のことを考えると、確かに安くなったものだ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました