忍者ブログ

iPod shuffle研究所

2010/02/21(日)

D5000には、D90譲りの機能がいろいろついている。

しかし、ボタンの数が少ないため、機能を呼び出すにはメニュー操作が必要だ。

メニュー操作も、ニコンの経験がないユーザには必ずしも分かりやすいとは言えない。

「こんな設定ができるはずだ!」

と思っても、その設定になかなか辿り着けなかったり。


今回、自分としても意外なほど、D5000のマニュアルを参照した。
(といっても数回だけど…。
 しかし普段は、ほとんどの製品はマニュアルを見なくても何とかなる。)


で、そんな「探すのにちょっと苦労した設定」をメモしておく。

分かってみれば、全然複雑ではないのだが…、なぜか見つけにくいのだ。

DSC_0418.jpg
D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G


●P,S,A,MでのISO感度の自動設定

 MENU→撮影(カメラアイコン)→ISO感度設定→感度自動制御 ON

P, S, A, MでもISOを自動で上昇させる。
上昇の上限値と、上昇が始まるシャッタースピードの限界値を設定できる。

●ファインダに格子線を表示する

 MENU→カスタム(鉛筆アイコン)→d→格子線の表示

ファインダに縦横4等分の格子線を表示させる。

●合焦音のオンオフ

 MENU→カスタム(鉛筆アイコン)→d→電子音設定

高い音、低い音、無音の中から選択できる。

●ファイル名の連番を継続する

 MENU→カスタム(鉛筆アイコン)→d→連番モード→ON

SDカードの画像を全削除しても、ファイル名の番号を0001に戻さない。
これはデフォルトでオンにしておいてほしかったな…。

●設定のリセット

 Info(シャッターボタン左下)と[i](本体左下)を同時に2秒押す

撮影に関するパラメータが初期値に戻る。
詳細はマニュアルP.83を参照。


ファインダの格子線は初期設定では表示されないので、存在を知らない人もいるかも。

どうも重さに慣れないせいか、左が下がりがちなので、格子線は助かる。


コンデジによくある、3分割構図のための線ではなく、4分割の格子線だ。

ただし、ファインダーに見えるフォーカスポイントがもともと3分割の位置にあるので、
3分割構図のためにはフォーカスポイントの場所を意識すればよい。


水平が出せないのは、もし格子線でも駄目なら、ホットシューに付けられる水準器
「アクションレベル サウンド」を買ってみようかなあ…と思ったりもしている。


PR
  1. この記事のリンク
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント
お名前
タイトル
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

勇者カズ坊★
ガジェット好きの徒然日記です。

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

広告

最新コメント

勇者カズ坊★ [03/14 ]
匿名希望 [03/14 ]
勇者カズ坊★ [03/09 ]
山田 [03/09 ]
勇者カズ坊★ [02/10 ]
mz2500 [02/10 ]
勇者カズ坊★ [09/19 ]
イーザス [09/19 ]
イーザス [05/09 ]
勇者カズ坊★ [05/08 ]

☆★おすすめショップ★☆

富士カメラ
デジカメなどの限定商品が安い
shopU
キーボードなどの玄人好みの入力機器が揃う
BENQジャパン
液晶ディスプレイのアウトレットがおすすめ
上海問屋
USBメモリやSDカードが安い
エレコムダイレクトショップ
PC関連2100円以上送料無料
サンワダイレクト
PC関連2000円以上送料無料
デンシ電気店
ちょっと変わった電子ガジェットがおすすめ!
にぎわい商店
変わったグッズがたくさんあっておすすめ!
インテリアショップplywood
ちょっと洒落たグッズ満載、一見の価値あり

バーコード

RSS

おすすめ